クロマホウ日記

AFと手ぶれ補正

BMPCC 4Kにとって最大のライバルと思わしきカメラ、パナソニックのGH5/GH5S、ソニーのα7s II。
これらと比較したときにBMPCC 4Kが劣る機能、それはきっとAF性能と手ぶれ補正でしょう。
(まだ発売前なので断言はできませんが)

手ぶれ補正について
そもそもBMPCC4Kには搭載されていない機能なので、これは正直比較するまでも無いですね。。(ちなみにGH5Sも非搭載)
手ぶれ補正が効くレンズは動作するらしいので、ハンドヘルダーはそれで頑張るしかない。
僕もできればハンドヘルドでカジュアルに使いたい。それがBMPCC!

このクラスのカメラを扱う方々でしたらジンバルをお持ちの方もいるでしょうし、
リグを組んで三脚立てたりレールを敷いて撮られるような映像制作のプロの方もいることでしょう。
実際のところBMPCC 4Kを手にする人たちにとっては手ぶれ補正なんてどうでもいい(ちょっと言い過ぎ?)かなとは思います。
ちなみにわたくし、ジンバルは所有しておりません。
※RONIN-Sの価格発表待ち。価格次第では買っちゃうかも・・


AFの性能
Vookなどの情報によると「フォーカスボタンをワンプッシュで中心部に焦点が合う」「フォーカス追従機能はナシ」とのこと。
このあたりも、ブラックマジックのカメラを知るユーザーであれば、そんなもんだろうねという意見かなと思います。
液晶が5インチと大きくなったので、輝度や視野角が良好であれば、
あとはピーキングや拡大機能が使いやすければ無問題、という感じでしょうか。


電気屋さんでカタログスペック寄りなカメラ選びをする方々からすると、
「手ぶれ補正がない/AF性能が弱い」というのは不利に働くんでしょうけどね、、

でも大丈夫!
そもそも、電気屋さんでブラックマジックのカメラの取り扱いが、ほぼない(限りなく少ない)んです!
ヨドバシカメラでさえ、新宿西口カメラ館の端っこの方、ガラスケースの中にちょこっとBMD製品が展示されている程度。
秋葉原店でも同じような感じ。関西だと梅田がそういう感じかな?

ちなみに新宿ヨドバシでは、ガラスケース内に鎮座している初代BMPCCの脇に
「このカメラでは写真は撮れないっす。シネマカメラです。間違って購入しても返品できないよ」的な張り紙がご丁寧に貼ってあったりもする。

そんなわけで、
子供の運動会目的でビデオカメラを物色しているパパママがBMPCC 4Kを店頭で手に取る可能性すら限りなく低い。
だから、うっかり間違ってBMPCC 4Kを買ってしまう、なんてことはない!!
「AFが遅い!」とか「普通のSDカードが使えないじゃないか!」とか、そんなクレーマーを生み出さずに済むのである。
よかったねブラックマジック社。

とか、皮肉を言うと誰かに怒られてしまいそう、、ごめんなさい。
このカメラ、決して使いやすいカメラではないと思うんだけど、
そして売り場の店員さん泣かせな要素もあるモノかもしれないけど、
とは言え、これを機に販路拡大した方が良くないっすか、BMD社。
がんばれー!

ということで、
3回目にしてかなり薄い内容になってしまいましたが・・
次回もお楽しみに!